研究開発

2013年入社

Yuna Suzuki

鈴木 佑奈

現在のお仕事内容

私は、機能性フィルムの研究開発を行っています。具体的に言うと、スマートフォンやパソコン、テレビなどを製造する際に使われる工程用フィルムと呼ばれるもので、精密機械の部品を傷やほこりなどから保護するフィルムになります。お客様がどんな製品を必要としているのか営業から情報収集を行い、要望に合った製品を開発していきます。例えば、〇〇くらいの力ではがせるシートを開発してほしい、〇〇の範囲で異物が100個以内にしてほしい、などといった感じです。温度、湿度、日光への耐久性など様々な環境化での実験を繰り返し、技術課などと連携を取りながら、製品化を目指していく仕事です。

仕事のやりがい

私たちが開発する製品は、実際に店頭に並んだり、エンドユーザーに使われるものではありません。製造の途中で破棄されてしまうものです。でも、このフィルムがなければ、スマートフォンやパソコンは製造できなくなってしまうほど大切な役割を担っています。現代社会でなくてはならないものに、間接的に携わり、多くの人の役に立っていると思うと、嬉しい気持ちになります。また、藤森工業の高い技術力が評価され、コンペに勝ち、企業に採用されると誇らしい気持ちになります。

入社を決めた理由

藤森工業をはじめて知ったとき、開発の幅広さに驚きました。コーティングとラミネートのコア技術を応用・発展させて、薬剤・食品・産業用フィルムなど全く異なる業界で製品を開発しているのは、すごい技術力だと思います。そんな数多くの商品群を扱っている開発力の高さと、事業の安定性に強く惹かれて入社を決めました。

藤森工業の好きなところ

当社は産休・育休に入った先輩社員も皆復帰して働いており、子どもを育てながらしっかりキャリアを積んでいける環境があります。ずっと長く同じ技術に関わりスペシャリストを目指したいという想いがあったので、出産後、時短勤務になったとしても、同じ研究職として働けるのは大きな魅力です。実際、先輩社員も復職を果たし、子育てと仕事を両立して頑張っています。

MESSAGE 学生さんへメッセージ

楽しむ時は思いっきり楽しむのが藤森工業の社風のひとつ。横浜事業所で開催される納涼祭では各課で屋台を出して、社員の家族と一緒に楽しんでいます。釣り好きの社長が釣ってきたタコでつくるタコ飯は毎年の恒例。他にも、有志で行っているスキーやバトミントン、マラソン、ゴルフなどのサークル活動も活発で、イベントが好きな方にはピッタリの環境です。

先輩インタビュー一覧へ