営業

2013年入社

Kazuaki Namiki

並木一彰

現在のお仕事内容

私は現在、医薬品関連の包装材を販売・提案する営業を行っています。具体的に言えばPTP(錠剤のシート包装)の外装や、湿布などの薬剤面に付いているフィルムや、粉薬などを入れる分包などです。消費者の方がすぐに見て分かるような派手なものではありませんが、どの包装材もその製品を構成する上でなくてはならない重要なものです。私はこれまで医薬品業界以外にも、食品業界、化粧品業界など様々な業界のお客様へ包装材をご提案してきました。多種多様な業界を裏側で支える存在として誇りを持って働いています。

仕事のやりがい

この仕事のやりがいは、製薬メーカー様のお役に立てることだけでなく、その先にいるお客様や病気を抱えている患者様のお役に立てることです。直接、消費者へ包装材を販売するわけではありませんが、私たちの製品を必要としている人がたくさんいる。そのことを意識して、責任感を持って働いています。また、グローバルに活躍できるのも当社の特徴のひとつです。以前、海外にある自社工場と連携し、お客様である製薬メーカー様の現地での医薬品製造・販売の体制づくりにご協力しました。文化の違いに戸惑いながらも、無事スケジュール通りに仕事が進み、営業として成長を実感できた経験です。

入社を決めた理由

様々な業界で大きなシェアを持つ製品を開発する技術力に惹かれて入社を決めました。
包装というものは、最終的に捨てられたり、製品がつくられる過程で使用されるものであったりと、いわば脇役です。でも同時に、必要不可欠なものでもあります。そんなものづくりを支える存在である包装の仕事に魅力を感じました。

藤森工業の好きなところ

社員の声をしっかり聞いてくれるところが魅力だと思います。私は最初、生産管理部門に配属されましたが、営業として働きたいと要望を伝えたところ、営業部への異動が決まりました。もちろんすべての要望が通るわけではありませんが、社員の気持ちをしっかり聞いてくれて、その希望をできるだけ叶えようという風土がある会社だと思います。

MESSAGE 学生さんへメッセージ

「会社に入ること」を目的に就職活動をするのではなく、「その会社で何がしたいか」という視点で会社選びをするといいと思います。正直、働いてみないと実際の仕事のイメージは掴めないとは思いますが、なんとなくでもいいので、「こんなことに貢献したい」「こんな仕事がしたい」というイメージを持っておくと、自分に合う会社を見つけやすいと思います。

先輩インタビュー一覧へ