生産技術

2009年入社

Takashi Umino

海野 貴志

現在のお仕事内容

私の仕事は、生産を行っていく上で、より安く、より簡単に、より効率的に、最適な生産方法を開発していくことです。現在は、キュービテーナーという液体容器の生産技術に携わっています。既存の生産ラインに対して、お客様や工場の従業員から上がってくる課題に仮説を立て、最適な生産工程の検討・導入を実施したり、新規の生産ラインの開発・提案も行っていきます。また、積極的に最新の機械やテクノロジーの情報を収集し、機械メーカーと交渉を行いながら、工場設備の選定・カスタマイズを行う役割も担っています。

仕事のやりがい

新しい技術に触れる機会が多いのが生産技術の特徴です。AI技術など最新テクノロジーに触れて、導入の検討まで行えるセクションは生産技術だけなので、どういう技術を、どう生産ラインに活かしていくか考えるのは、面白い作業です。現在検討しているのは、検査方法の機械化。検査業務を機械化することで効率化を実現するだけでなく、技術者をより付加価値の高い作業に配置することができます。いままで実現できなかったことを、新しい技術や機械を使って実現までもっていく作業に大きなやりがいを感じています。

入社を決めた理由

「技術の藤森」と呼ばれるほど、高い技術力をもっていることに強く惹かれました。もともと技術者として活躍したいという想いがあったので、技術力が高いということは、技術者としての働きやすさもしっかり整っていると思いました。また、生活面での充実度も重視していたので、大手の安定性や福利厚生も魅力に感じた点のひとつです。

藤森工業の好きなところ

周りに「すごい!」と思える人がたくさんいる環境が魅力です。自分よりも高いレベルで仕事をしている方が多く在籍しているので、刺激になります。尊敬できる存在が近くにいると、仕事のモチベーションも自然と上がっていきます。それでいて、何でも気軽に質問できるようなフランクさもあるので、スキルを高めたい方には最高の環境だと思います。

MESSAGE 学生さんへメッセージ

その会社で働く人が、どんな様子で働いているか実際見に行くことをお勧めします。私も藤森工業を実際に見学に行き、働いている人の様子を見たり、社員の話を聞いて、自分のフィーリングに合っているなと感じました。社員が楽しそうに働いている会社は、自分が入社してもきっと楽しく働けるはずです。ぜひ現場を見て雰囲気を感じてみてください。

先輩インタビュー一覧へ